美大受験予備校。芸大受験予備校。芸大、各大学の入試対策にがっちり取り組みます。東京都にある中央線沿い立川駅徒歩1分の有名美大受験予備校。個人の志望校に合わせた指導体制を整えています。芸大、美大受験の合格基準を知り尽くした講師陣があなたを引っ張っていきますので、実力が飛躍的に伸びます。芸大、美大受験のための学科対策は授業+小テスト+模試で完璧。高1高2基礎デッサン力養成コース。デザイン科、油絵科、彫刻科、日本画科、映像・先端芸術科。建築コース、中学生受験コース。美術系高校受験の方、中学生コースがあります。芸大受験、美大受験をされる方で遠隔地で当学院に通えない方は通信教育をご利用ください。          
  トップ ニュース 資料請求 アクセス 入学申込
7つの特色
合格実績
各科紹介
デザイン・工芸科
油絵科
彫刻科
日本画科
映像・先端芸術表現科
美大学科
高校1・2年生基礎科
中学生基礎科
建築
美術系国公立大学受験
美術系高校中学生受験
通信教育
タチビの選べる体験ゼミ
通信教育
blog

 
各科紹介 > 通信教育
カリキュラム トピックス 実技参考作品 合格者メッセージ 通信教育学費
通信教育
 充実のマン・ツー・マン体制
デザイン・工芸総合コース 油絵総合コース 彫刻総合コース 日本画総合コース 映像・先端芸術総合コース
芸術学・美術教育総合コース 美大学科総合コース

通信top

通信教育は当学院に直接通学ができない方を対象としています。
遠隔地で通学できない、近くても高校の授業やクラブ活動などの終了時間が不規則、地元でアトリエに通っているが実技枚数が足りない、客観的なアドバイスを受けたい、など通信を受講する理由はさまざまです。

タチビの通信教育では志望美術大学の専攻は関係なく、基本的な課題から応用課題まで全員同じ課題をやってもらい、実技のレベルアップを図るのが特徴です。個別指導も勿論可能です。しかし全国の通信受講生が同じ課題をやっているということは、実に心強いことです。タチビの通信教育ではビデオ講評を柱に指導しているので他の受講生の作品が見れますし、自分の作品も他の受講生が見ていますので気が抜けません。個別対応で一人で課題をやっているより、他の受講生と立美に通っている感覚で楽しみながら真剣に課題に取り組めます。自分と同じ大学を受験する全国の受験生の姿を具体的にイメージすることができますから、なんとなく課題をやらずに時間が過ぎてしまった、というようなこともなくなります。豊富な指導経験を持つ専任講師による「ビデオ講評と添削」は、通信教育における未提出を防ぎ、家にいながら確実に実力をアップしていきます。

春・夏・冬期講習および1・2・3月の入試直前講習の受講を組み合わせることによって、毎年多数の合格者を出しています。

 
タチビの通信教育は(1)総合コース(2)通学コース(3)自主コースの3つの受け方が選べます。

立美の通信教育に2つの受け方がある理由

美術大学へ1年間の勉強で合格を!!これは通信生も同じく可能なことです。様々な理由で通学が難しい受験生は数多くいます。立美では多様なニーズに応えるべく窓口を広げ2つのコースを設けています。

1 総合コース
基礎から応用力、そして入試合格レベルまでの実力を養成する課題構成で、月4課題ペースで制作していきます。また、都合の良いときは作品を持参して直接アドバイスを受けることも可能です。自らやった課題等も同封した場合は添削いたします。難関美大受験に最も適したコースとなります。


2 自主コース
高校や地元のアトリエの指導+立美のノウハウで、より合格に近づきたいと思う方へ向けたコースです。1枚でも多く課題をこなしたい、弱点を補強していきたいといったニーズに応えていきます。各コース10課題から自主的に選んで頂きます。月1ペースが主ですが、集中的に短期間で10課題やることも可能です。
トップへ戻る

タチビの通信教育は1課題に対する内容の厚みが違う!

課題文+アドバイス+資料 これらが1セットになります

課題文

やることの課目や主題にあたります。
条件などもここに書かれています。
アドバイス その課題において注意すべき点など、
考え方の軸となる意見を伝えます。
資料 参考作品、図説など完成度を上げるために
配布しています。目の栄養です。
通信資料 通信資料
通信資料通信資料
通信資料

毎月届く課題をファイリングしておこう

しっかりとまとめておけば課題の流れを確認できるよ。課題文だけではなく、その時々のスケッチや資料なども一緒にファイリングしていくのもいいね!受験までにオリジナルの参考書を作っていく感覚でやってみよう!

トップへ戻る

通信教育のながれ

タチビ通信教育の生徒の1ヶ月を見てみよう!通信教育の授業って想像しづらいですよね。
ここで基本的な授業の流れを潤を追って説明します。

通信教育のながれ 1) いよいよスタートです!
毎月4課題、全員に同じ課題が届きます!
2) 月に4課題ですから、週1ペースを守ってやりましょう!わからないことが出てきたら、電話かメールでご連絡ください!すぐに対応します!
※電話・メールでの対応は週1回のペースで担当の講師がしております。課題の質問、進路相談など密にコミュニケーションを計っていきます。
そして、できた作品は専用のBOXに入れてください。
3) 届けられた作品はすぐにビデオ撮影講評します。提出期限を守らないと撮影されないこともあるので注意!提出期限は守ろう!

さらに言葉で伝えられなかった内容を図解やイラストで説明!
4) また次の課題を頑張っている頃、添削された作品と講評ビデオが手元に届けられます!
通信教育教材

お申込みはこちら

「デザイン・工芸科」総合コース カリキュラム例

2013年春期講習会パンフレットより、クリックすると詳しく表示されます。

デザイン科通信教育

 
foot