美大受験予備校。芸大受験予備校。芸大、各大学の入試対策にがっちり取り組みます。東京都にある中央線沿い立川駅徒歩1分の有名美大受験予備校。個人の志望校に合わせた指導体制を整えています。芸大、美大受験の合格基準を知り尽くした講師陣があなたを引っ張っていきますので、実力が飛躍的に伸びます。芸大、美大受験のための学科対策は授業+小テスト+模試で完璧。高1高2基礎デッサン力養成コース。デザイン科、油絵科、彫刻科、日本画科、映像・先端芸術科。建築コース、中学生受験コース。美術系高校受験の方、中学生コースがあります。芸大受験、美大受験をされる方で遠隔地で当学院に通えない方は通信教育をご利用ください。          
  トップ ニュース 資料請求 アクセス 入学申込
7つの特色
合格実績
各科紹介
デザイン・工芸科
油絵科
彫刻科
日本画科
映像・先端芸術表現科
美大学科
高校1・2年生基礎科
中学生基礎科
建築
美術系国公立大学受験
美術系高校中学生受験
通信教育
タチビの選べる体験ゼミ
通信教育

 
各科紹介 > 日本画科 > 合格者の声
カリキュラム トピックス 実技参考作品 入試再現作品 合格者メッセージ  

日本画科

合格者の声

2015年度

東京藝術大学 日本画専攻 合格
島田 滋  都立・北多摩高等学校 卒
3浪の時にタチビの日本画に来た。絵を描くことは好きだったが周りとは受験に対する姿勢が違った。それもあり予備校の雰囲気に馴染めずまた上手くいかない事があるとすぐ休む癖がありほとんど予備校には行かなかった。4浪になり心機一転頑張ろうと思うが、長くは続かずサボり癖が抜けず行かないことの方が多かった。そんなことばかりしていたので周りがどんどん上手くなるなかなかなか上達することができずに4浪が終わった。浪人を重ねるだけで絵は上達しない事に焦りを感じながらもどこかに大丈夫じゃないかという甘い考えがどこかにあり、それが最後まで自分を苦しめました。5浪をすると決めたとき親に浪人は最後だと言われ悔いのない浪人生活にしようと思った。
 課題をやりながら考えていたことは、失敗を恐れないこと。一枚一枚新しいことを試しながら失敗しても良いからそこから何かを得ようと思いながら課題に取り組みました。
私大課題をやる中で受験の絵という事に捕らわれていましたが、もっと自由に絵を描いて良いんだとある時に思えるようになりそこから何かが変わったと思います。
 5浪してマイペースに浪人生活を送れたのはタチビだからだと思います。他の予備校だったらとっくに諦めていたと思う。来ないことの方が多く不真面目なそんな自分さえも見捨てずに最後まで丁寧に指導してくださった先生方にはとても感謝しています。3年間タチビで教えていただいたことは大学での制作にも役に立つことばかりです。
東京藝術大学 日本画専攻 合格
谷口 陽奈子 都立・立川高等学校 卒

絵において誰にも負けないところなんて私にはなかったと思います。でもどうしても一浪で芸大に受かりたくて、そのために何をすればいいのか常に考えていました。まずは試験を意識して絶対に時間内に完成させること、描写や絵の強さで勝負するよりは誰よりも良く見て自然に描くこと、隅々まで疎かにしないことを決めて制作していました。
1次試験は前日に描いたモリエールに布がかかっている出題でした。構図で悩んだのでしばらく描かずに周りを見てから決め、あとは普段と同じように描きました。
2次試験では受験票を忘れたり、光の方向を間違えてモチーフを組むなどのハプニングはありましたが、不安だった1次を通ったことで自信がついたのか動じずに描くことができました。1日目の試験中は順調でしたが立美に帰ってから体力の限界が来て、ボロボロ泣きながら家に帰りました。試験場でのモチーフの綺麗なイメージが急につまらないもののように感じてしまいとても辛かったです。疲れているとろくなことを考えないのでその日はすぐに寝ました。翌日気持ちを切り替えて見たモチーフはやっぱり綺麗で、最後まで楽しく描ききることができました。
立美は学校から近いというだけの理由で通い始めたのですが、少人数ではあっても1人1卓の多さなどの環境の良さは他の予備校にはないものだと思います。
最後になりましたが、ときに私自身より私の力を信じ指導して下さった先生方にはとても感謝しています。合格したとき、嬉しさと同じくらい先生方にもう教わることができないのが寂しかったです。特に才木先生にはいつも励ましてもらったり休日まで教室を開けてもらったり、お世話になりっぱなしでした。
本当にありがとうございました。

東京藝術大学 日本画専攻 合格
白倉 正樹 都立・小金井北高等学校 卒

4浪しました。
芸大の日本画では浪人は当たり前とよく言われますが男で4浪は長いほうだと思います。4浪して分かったことは日本画の場合素直に見たまま描けばいいという事です。
私は基礎科にいた時来年度からどの科にいこうか迷っていました。結局日本画に決めた理由は科別説明会の時に日本画の講師が仰っていた「日本画は肉眼に映る全ての物を描ける唯一の科」という言葉に惹かれたからです。その言葉は最終的に芸大に合格した時も思い起こされました。ただそこに、目の前にある物を画面に移すだけで良かった。そう気づいた時に受かることが出来ました。
本番では特別緊張もせず、部屋の誰よりも一番いい絵を描くということを意識し、ぶらぶら歩いて他の人の作品を見ることで自分の絵を客観視する様に心掛けました。トイレ休憩として部屋の外に出て上野の駅のほうを眺めたりして気分転換も多くしました。それが良かったのだと思いますがいつも予備校で描いている時よりも楽しく、上手く描けたと思います。
1次の石膏素描のモリエールにかかった布はとにかく質感と奥行を出すことに徹底し、2次静物着彩のモチーフの「画面上の白い額に自由に創作した絵を入れること」という注意書きには少し驚きましたがこの中の絵が合格を左右するほどのものではないと考え、全体の雰囲気の邪魔にならないようにモノクロで木の絵を描きました。あくまでも額が重要で中の絵が異質で飛び出たりしないよう心掛けました。

基礎科から数えると5年以上居たタチビでは多くの先生に教わりました。どの先生にも本当に感謝しています。ありがとうございました。

 

foot